ペットが亡くなった時に必要な手続きとは?~ペット供養を大阪の霊園で行うなら【五月山ペット霊園】へ~

address

ペットが亡くなった時に必要な手続きとは?~ペット供養を大阪の霊園で行うなら【五月山ペット霊園】へ~

ペットが亡くなった時にはどのような手続きが必要?

ペットが亡くなった時にはどのような手続きが必要?

ペットが亡くなった時にどのような手続きが必要になるのか?と疑問を抱く飼い主様は多くいらっしゃるかと思います。

まず、一般的に手続きが必要なのは犬だけです。犬以外に手続きが必要な動物は、特定動物に指定されている動物です。特定動物とはライオンやトラ、ワニ、鷲、鷹、マムシなど、一般的にペットとして飼われていない動物です。都道府県で定められた条例があるので、気になる方は確認してみてください。

次は、犬が亡くなった時の手続きについて説明します。犬が亡くなった場合、登録している市町村の役場で30日以内に届け出の手続きが必要です。なぜ犬だけ届け出が必要なのか?と疑問を抱くかと思いますが、それは「狂犬病の予防」の観点から提出を求められているためです。もし、届け出を忘れていると、狂犬病の予防注射のハガキがそのまま送られてきます。

犬の死亡届けで必要な事項は、飼い主の氏名・住所・犬の登録番号・死亡年月日です。必要なものは犬鑑札、狂犬病予防注射済票、死亡届の3つです。もし、血統書が付いていた場合、各登録団体に亡くなったことを連絡し、その後血統書を返却する必要があります。

ペット供養を大阪の霊園で行いたい方は【五月山ペット霊園】へ~サイト内から費用は確認可能~

ペット供養を大阪の霊園で行いたい方は【五月山ペット霊園】へ~サイト内から費用は確認可能~

ペット供養を大阪の霊園で行いたい方は、【五月山ペット霊園】にご相談ください。

【五月山ペット霊園】を始めたのは、当時地域にペットのための供養やお墓がなく、ペット供養ができる施設を作り上げたいと思ったのがきっかけです。

大阪にある【五月山ペット霊園】では動物葬祭ディレクター1級のスタッフが、飼い主様の気持ちに寄り添いながらサポートいたします。

埋葬方法はペット個別墓、永代納骨供養、ステンレス銘板などをご用意しており、飼い主様が理想とするペット供養をお選びいただけます。ペット供養に関する費用はサイト内に掲載していますので、ご依頼の前にご確認ください。

大阪でペット火葬・埋葬・供養を同時に行うなら、【五月山ペット霊園】にお任せください。

大阪でペットの葬儀を執り行うなら【五月山ペット霊園】へ

大阪でペット供養の相談をするなら【五月山ペット霊園】

会社名 株式会社 ペット眠りの森
資本金 1000万
設立 平成15年10月
代表者 代表取締役 池田 茂
事業内容 ペット個別火葬・セレモニー・納骨・供養・メモリアル石碑販売
住所 〒562-0034 大阪府箕面市西宿2丁目18−15
電話番号 072-730-6900
フリーダイヤル 0120-113-499
ホームページ http://www.satsukiyama-pet.com/

訪問葬儀(お別れ・火葬・収骨)を
お取り扱い致しております。

一般社団法人 日本動物葬儀霊園協会

動物葬祭ディレクター1級のスタッフが
お見送りのお手伝いを行なっています。

 

愛するペットが亡くなった時、その最後のお見送りをするのに相応しい施設とセレモニーにて、飼主様の安心とご満足をいただけるペット葬祭をお届けします。

 

セレモニーカー

セレモニーカー
北摂限定
(その他の地域の方は要問合せ)

↑ PAGE